サッシ・ガラス販売・施工のYONEDA SHOUTEN/ヨネダ商店
業務内容 ガラス紹介 施工例 FAQ 会社概要 お問合せ
機能ガラス
防犯ガラス 結露防止 断熱・日光遮蔽 地震・事故防止
最も一般的で、広く開口部に使用されている板ガラスで、以下のような機能は期待出来ません。 ガラスの片面に型模様が入っていて、向こう側が見通せないガラス。やはり以下のような機能は期待出来ません。 火災の延焼防止を目的に使用される金網入りのガラス。その用途以外は、以下のような機能は期待出来ません。
 
地震・事故防止
地震の場合
地震
福岡県西方沖地震でのガラスの破片が降り注ぐ映像は、いまだ記憶に新しいところです。また、4万人以上もの負傷者を生んだ阪神・淡路大震災では、約1割がガラスによる被害であったと報告されています。大地震の大きな揺れは、建物そのものの破壊、室内の家具の衝突、外からの飛来物など様々な理由でガラスを破壊します。割れてしまったガラスは、鋭利な凶器となって私たちを襲い、飛散したガラスは避難時の大きな妨げともなるのです。
台風・竜巻の場合
台風・竜巻
通常の台風でガラスが割れることは滅多にありません。しかし想定以上の猛威を奮う台風の襲来を否定することは出来ません。また1999年に台風18号が愛知県地方を襲った時には、竜巻が突然発生。台風の数倍もの強風によって割れたガラスにより、豊橋市内の小中学校で200人以上の児童、生徒がケガをするなど大きな被害を生みました。更に通常の強風時でも、飛来物によりガラスが割れる危険性はゼロではないのです。
日常生活
日常生活
ガラスに気づかずに、もしくは何らかの事故やトラブルにより、人体がガラスに衝突してしまうという事故。その時、ガラスが割れてしまったら、大ケガや落下事故の原因となります。また、日常的に起こりうる器物の接触などによってガラスが割れてしまうケースでは、ケガをする危険性が高まります。今日では、人体の衝突が予想される場所では安全ガラスの使用が求められており、思わぬ社会的責任を問われることにもなりかねません。
病院
コンビニ・デパート
ホテル・旅館
学校
老人福祉施設
市民会館・劇場
強化ガラス
強化ガラス
ガラスの機能
安全        
フロート板ガラス(普通のガラス)を約700℃に加熱した後で、急速に冷やしてつくります。
同じ厚さのフロート板ガラスに比べて、約3〜5倍の強度をもち、万一割れた場合でも、破片は粒状になるため安全です。

※強化ガラスを使った「複層ガラス」もあります。
 
タフライト
テンパライト
テンパレックス
 
合わせガラス
合わせガラス
ガラスの機能
防音・遮音 日射コントロール 安全    
2枚の板ガラスの間に柔軟で強靱な中間膜をはさみ、熱と圧力を加えて接着させたガラス。
割れても、破片が飛び散ることがほとんどないので安全です。防音効果や紫外線を99%カットする効果があります。

※合わせガラスを使った「複層ガラス」もあります。
 
ラミペーン
ラミセーフ
ラミレックス
お問合せはこちら

日射コントロール 暑さ対策 寒さ対策 結露防止 防音・遮音 デザイン・装飾 視線・視界コントロール防犯安全 防火・耐火 ガラス工法・システム 窓・開口部
 
Copyright (C) 2007 YONEDA SHOTEN All rights reserverd.